VOL.134(2016/9/5発行) 特集 きもののルールを考える

販売価格 432円(内税)
購入数


結局、ルールは自分の気持ちです


2  巻頭イラストエッセイ 
   きくちいま「きものの引きだし」
   わたしの褒められバッグ

4  特集
  きもののルールを考える
   フォーマルのココロ、カジュアルのココロ
   ルールはひとつじゃない

6  舞の世界のしきたりと普段きものの考え方は別です
   山村若静紀(山村流師範)

7  地域の慣習は、地域の文化でもあります
   高橋和江(たかはしきもの工房)

8  気持ちは伝統を遵守、実際は現状を鑑みた判断です
   上田雅行(ひつじや呉服店)

9  いまどきは限られたアイテムでフォーマル、カジュアル両用
   梅原麻里(モダン着物小物 梅屋)

10  保存版 フォーマルチェック 
   アイテムと紋の基本

12  掲示板のカジュアルのお悩みチェック
   カジュアルは「野暮」じゃなきゃ自由でOK

16  読者の和ードローブ 米田ゆきねさん
   自分の体調に添ったコーディネートの選択

19  きもの男子 あべ君(学生)

20  笹島寿美の心地よくも切れのいい きもの学
   晒し巻き背筋ただして気合入る
   今日一日の我を思う

22  きものびと十人十彩
   鈴木真帆さん 
   (料理研究家・キッチンスタジオMaho’s Table 代表)

22  きものの基
   麻  野州麻

26  センスの7割を作るきもの色彩講座 黒

28  アレコレ通信
   快眠度が低い日本人

   今月の一冊
   『昭和なくらし方』小泉和子





Your recent history